Pythonのコレクションの組み合わせと分解

コレクションの組み合わせと分解
目次

コレクションの組み合わせと分解

Pythonでは、リスト、タプル、辞書などのコレクションを組み合わせて新しいコレクションを生成したり、コレクションから要素を取り出したりすることができます。

リストの組み合わせ

リストの組み合わせは、既存のリストから新しいリストを作成する方法です。
以下のコード例は、2つのリストを組み合わせて新しいリストを生成する方法です。

list1 = [1, 2, 3]
list2 = [4, 5, 6]
combined_list = list1 + list2
print(combined_list)

# 実行結果
# [1, 2, 3, 4, 5, 6]

list1list2の2つのリストを定義します。
combined_listという新しいリストを生成します。
この新しいリストには演算子で、list1list2の要素が結合されます。

タプルの組み合わせ

タプルは不変なデータ構造で、タプル同士を組み合わせて新しいタプルを生成できます。

りある

リストと一緒やね。

tuple1 = (1, 2, 3)
tuple2 = (4, 5, 6)
combined_tuple = tuple1 + tuple2
print(combined_tuple)

# 実行結果
# (1, 2, 3, 4, 5, 6)

ディクショナリの組み合わせと分解

ディクショナリはキーと値のペアを持つデータ構造で、組み合わせて新しいディクショナリを生成できます。
for文を利用したディクショナリの分解方法も書いておきます。

りある

{**dict1, **dict2}の書き方が独特でおもしろい。

# 組み合わせ
dict1 = {'a': 1, 'b': 2}
dict2 = {'c': 3, 'd': 4}
combined_dict = {**dict1, **dict2}    # Python3.5~
print(combined_dict)

# 分解
for key, value in combined_dict.items():
    print(f"Key: {key}, Value: {value}")

# 実行結果
# {'a': 1, 'b': 2, 'c': 3, 'd': 4}
# Key: a, Value: 1
# Key: b, Value: 2
# Key: c, Value: 3
# Key: d, Value: 4

.items() で、combined_dict のキー(key)と(value))を分解して取り出しています。

教科書

Pythonの教科書は「やさしいPython」です。

Javaの教科書は「スッキリわかるJava入門 実践編 第3版」です。

著:中山清喬, 著:国本大悟, 監修:株式会社フレアリンク
¥2,860 (2023/11/27 12:33時点 | Amazon調べ)

SQLの教科書は「スッキリわかるSQL入門第3版」です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プログラミングを勉強中~

目次