Javaプログラミングの繰り返し処理

Javaプログラミングの繰り返し処理

Javaプログラミングにおける繰り返し処理とは、ある条件が真となっている間、ブロック内の処理を繰り返し実行する処理のことです。

目次

Javaの繰り返し処理

ロボ君

主に、for文、while文、do-while文の3つの方法で繰り返し処理を行いマス。

for文

for文は、指定した回数だけ処理を繰り返す場合に使われます。
for文の構文は以下のとおりです。

for (初期化式; 条件式; 変化式) {
    // 繰り返しの中で実行される処理 ...
}

初期化式は、繰り返しの最初に実行される処理です。
条件式は、繰り返しが実行されるかどうかを判断する条件式です。
変化式は、繰り返しの実行ごとに実行される処理です。

例1:

for (int i = 0; i < 10; i++) {
    System.out.println(i);
}

このコードでは、変数iの値を0から9まで1つずつ増やしながら、変数iの値を出力します。
↓実行結果

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

while文

while文は、条件式が真となっている間、ブロック内の処理を繰り返し実行します。
while文の構文は以下のとおりです。

while (条件式) {
    // 繰り返しの中で実行される処理 ...
}

条件式が真である限り、ブロック内の処理が繰り返し実行されます。
偽の場合、処理はされません。

例2:

int i = 0;

while (i < 10) {
    System.out.println(i);
    i++;
}

このコードでは、変数iの値が10より小さい間、変数iの値を出力します。
↓実行結果

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

int i = 10;の場合、System.out.println(i);は処理されません。

do-while文

do-while文は、条件式が真となっている間は、ブロック内の処理を繰り返し実行します。
do-while文の構文は以下のとおりです。

りある

whileといっしょやん?

ロボ君

条件が偽の場合でも、1回は処理されマス。

do {
    // 繰り返しの中で実行される処理 ...
} while (条件式);

条件式が真である限り、ブロック内の処理が繰り返し実行されます。
ただし、do-while文では、条件式が偽の場合でも少なくとも1回はブロック内の処理が実行されます。

例3:

int i = 0;

do {
    System.out.println(i);
    i++;
} while (i < 10);

このコードでも、変数iの値が10より小さい間、変数iの値を出力します。
実行結果は例2と同じですが、int i = 10;の場合でも、System.out.println(i);は1回処理されます。

int i = 10;の実行結果

10

繰り返し処理のまとめ

Javaプログラミングにおける主な繰り返し処理は、for文、while文、do-while文の3つの方法があります。
for文は指定した回数だけ処理を繰り返す場合に、while文は条件式が真となっている間処理を繰り返す場合に便利です。

以下に、繰り返し処理の表をまとめます。

方法構文説明
for文for (初期化式; 条件式; 変化式) { 処理; }指定した回数だけ処理を繰り返す
while文while (条件式) { 処理; }条件式が真となっている間処理を繰り返す
do-while文do { 処理; } while (条件式);条件式が真である限り処理を繰り返す

教科書

Pythonの教科書は「やさしいPython」です。

Javaの教科書は「スッキリわかるJava入門 実践編 第3版」です。

著:中山清喬, 著:国本大悟, 監修:株式会社フレアリンク
¥2,860 (2023/11/27 12:33時点 | Amazon調べ)

SQLの教科書は「スッキリわかるSQL入門第3版」です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プログラミングを勉強中~

目次