Pythonプログラムの関数

関数
目次

Pythonプログラムの関数

りある

関数って数学のイメージがつよすぎて、プログラミングの関数のイメージがよくわからない。。。

ロボ君

関数は、特定のタスクや操作を実行するための再利用可能な独立したコードブロックデス。

プログラム内で同じ操作を繰り返す場合、関数を使用するとコードの重複を避けることができます。

ブロック構造についてはこちら↓

あわせて読みたい
Pythonのブロック構造 【Pythonのブロック構造】 Pythonのプログラムでは、コードの整理や制御構造の定義にブロックが重要な役割を果たしマス。 ブロックの使い方 ブロックはコードのグループ...

関数の定義方法

関数を定義するには、def キーワードを使用します。

def friend(name):
    # 引数nameを使用した関数の定義

関数名(friend)は自由に選べます(aとかbでも良い)が、意味のある名前を付けると内容がわかりやすいです。

関数名と引数

関数名は関数を識別するための名前です。
引数は関数に渡すデータで、関数内で利用できます。

def add_numbers(x, y):
    # xとyをパラメータとして受け取る関数

add_numbers関数を宣言して(x, y)2つのパラメータを受け取ります。
関数が引数(パラメータ)を受け取る場合(関数が呼び出されとき)、それらを関数内で使用できます。

関数の呼び出し

定義した関数は、プログラム内で必要な箇所で呼び出すことができます。
呼び出しは関数名に続けて括弧を使います⇒ 関数の名前()
関数を呼び出すには、関数名と必要な引数を指定します。

result = add_numbers(3, 5)

add_numbers関数に(3, 5)を渡します。
関数が引数(パラメータ)を受け取る場合(関数が呼び出されとき)、それらを関数内で使用できます。

※引数のいらない関数もあります↓

あわせて読みたい
Pythonプログラミングの「引数がある関数とない関数」 関数を習いだして「引数がある関数とない関数」があることに「?」となったので違いを書き留めておきます。 【引数がある関数とない関数?】 Pythonプログラミングの関...

戻り値

「処理をおこなった結果」を返す関数もあります。
これを戻り値と呼び、return キーワードを使って指定します。

def add_numbers(x, y):
    return x + y
  • 関数add_numbersを宣言
  • パラメータ(x, y)を受け取って
  • 戻り値x + yを返す処理をする

まとめ

Pythonの関数はプログラムの中で特定のタスクを実行するための、独立したコードブロック。
関数の基本は、関数名を付けてその中にコードをまとめること。
関数を定義するには、def キーワードを使用し、必要に応じてパラメータ(引数)を受け取る。
関数を呼び出すと、定義したコードブロックが実行される。
関数は結果を返すことがあり、それが戻り値。

関数の例

def add_numbers(x, y):
    return x + y

result = add_numbers(3, 5)
print(result)
  • def で add_numbers 関数を宣言
  • パラメータ(x, y)を受け取る
  • x+y をして値を return
  • add_numbers関数を呼び出す
  • 引数に(3, 5)を渡して戻り値をresult に代入
  • resultを表示
りある

複雑な処理(例は簡単だけど)を何度も書かずに呼び出せるのが、便利!

教科書

Pythonの教科書は「やさしいPython」です。

Javaの教科書は「スッキリわかるJava入門 実践編 第3版」です。

著:中山清喬, 著:国本大悟, 監修:株式会社フレアリンク
¥239 (2024/04/10 17:55時点 | Amazon調べ)

SQLの教科書は「スッキリわかるSQL入門第3版」です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次