Pythonのforループとwhileループ

forループとwhileループ
目次

forループの基本

Pythonのforループは、リスト、タプル、文字列などのイテラブル(繰り返し可能なオブジェクト)を使って繰り返し処理を行うための構文です。

ロボ君

リストの要素を一つずつ取り出して繰り返し処理をすることができマス。
ヒジョーニベンリデス!

forループでの要素の取得方法

forループでは、指定したイテラブルから要素を一つずつ取得し、それを順番に処理します。
例えば、リスト内の要素を取得するにはfor文とともにイテラブルを使用します。

ロボ君

Pythonにおけるイテラブル(iterable)は、繰り返し処理を行うことができるオブジェクトを指します。

数値のforループ例

my_list = [1, 2, 3, 4, 5]
for item in my_list:
    print(item)

my_list に[1, 2, 3, 4, 5]を格納し
for 文で my_list から要素[1, 2, 3, 4, 5]を一つずつ取り出して表示しています。

文字列のforループ例

fruits = ["りんご", "バナナ", "オレンジ"]
for fruit in fruits:
    print(fruit)

fruits に[“りんご”, “バナナ”, “オレンジ”]を格納し
for 文で fruits から要素[“りんご”, “バナナ”, “オレンジ”]を一つずつ取り出して表示しています。

文字列の要素を順番に処理する方法

文字列もイテラブルとして扱えます。
これを利用して、文字列の各文字を順番に取り出して操作できます。

りある

文字も一文字ずつ分解できるのか・・・

文字列を使ったforループ例

text = "Python"
for char in text:
    print(char)

ここでは文字列”Python”から文字を1文字ずつ取り出して表示しています。

ロボ君

for文は、繰り返し処理を簡単に実現できマス。

whileループの基本

Pythonのwhileループは、指定した条件が真(True)の間、繰り返し処理を行うための制御構造です。
条件が偽(False)になるとループが終了します。

条件式の評価とループの実行

whileループでは、事前に定義した条件式が評価され、その結果が真であればループが実行されます。
ループ内で条件が偽になるまでコードが実行され続けるとも言えますね。

whileループを使用して、条件が満たされる間、数字を順番に表示します。
whileループ例

count = 1
while count <= 5:
    print(count)
    count += 1

1から5までの数字をカウントする例です。
1ループごとにcountに1を足して<=5になると終了します。

入力待ちのwhileループ

whileループは条件が満たされる限り繰り返します。
ですので、ユーザーが特定のキーワードを入力するまで待機するプログラムができちゃいます。

user_input = ""
while user_input != "終了":
    user_input = input("キーワードを入力してください: ")
    print("入力されたキーワードは: ", user_input)

「input(“キーワードを入力してください: “)」で入力待ちをして、「終了」以外の文字を表示し続けるプログラムです。

ロボ君

whileループは条件に応じて柔軟な繰り返し処理を実装できマス。

教科書

Pythonの教科書は「やさしいPython」です。

Javaの教科書は「スッキリわかるJava入門 実践編 第3版」です。

著:中山清喬, 著:国本大悟, 監修:株式会社フレアリンク
¥2,860 (2023/11/27 12:33時点 | Amazon調べ)

SQLの教科書は「スッキリわかるSQL入門第3版」です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プログラミングを勉強中~

目次