Pythonの例外処理の構文

Pythonの例外処理の構文
ロボ君

例外処理は、プログラム実行中にエラーが発生した場合に、エラーを適切に処理するための方法デス。

例外処理 構文

try:
    # 例外が発生する可能性があるコード
except 例外クラス名:
    # 例外が発生した場合に処理する内容
else:
    # 例外が発生しなかった場合に処理する内容
finally:
    # 必ず最後に処理する内容


例外処理の例

try:
    # 例外が発生する可能性があるコード
    num = int(input("整数を入力してください: "))
    result = num + 10
    print("結果:", result)

except ValueError:
    # 不正な入力を処理
    print("正しい整数を入力してください。")

except Exception as e:
    # その他の例外を処理
    print("エラーが発生しました:", str(e))

else:
    # 例外が発生しなかった場合の処理
    print("正常に終了しました。")

finally:
    # 最終的に実行される処理
    print("プログラムを終了します。")

整数を入力した場合

整数を入力してください: 10
結果: 20
正常に終了しました。
プログラムを終了します。

文字列を入力した場合

整数を入力してください: Real
正しい整数を入力してください。
プログラムを終了します。

このコードでは、tryブロック内で例外が発生する可能性のあるコードを実行します。
例外が発生した場合、対応するexceptブロックでその例外を処理します。
さらに、elseブロックは例外が発生しなかった場合に実行され、finallyブロックは最終的に実行されるコードです。

りある

色々な例を見ていかないとな~。

教科書

Pythonの教科書は「やさしいPython」です。

Javaの教科書は「スッキリわかるJava入門 実践編 第3版」です。

著:中山清喬, 著:国本大悟, 監修:株式会社フレアリンク
¥239 (2024/04/10 17:55時点 | Amazon調べ)

SQLの教科書は「スッキリわかるSQL入門第3版」です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次